鳩は可愛くてもしっかり対策|暮らしの健康と安全ネット

作業員

鳩の性質

女の人

公園などでよく見かける鳩は日本では平和の象徴として愛されていますが、その繁殖性の高さから糞尿被害やゴミを食い漁ってしまうために出てしまうゴミの問題から害獣として見られている面もあります。自治体では鳩の対策に様々な手段を投じておりますが、なかなか対策に対する有効的な問題解決の窓口は見つかっていないというのが現状です。
公園などで見ることのある、ドバト・カワラバトは一般的にハト化としては分類されておりません。またその繁殖性の高さからビルの屋上や高架橋などに巣を作り、鳩の糞尿による衛生的な問題や金属部品のサビ化などが大きな問題となっています。鳥の糞には多くの病原菌が生息しているので感染症にかかる恐れもあります。糞の掃除の際などは細心の注意を払うことが大切です。
また都心部に生息するハトは急な方向転換などが出来ないため、ビルの窓や車のフロントガラスなどにぶつかってくるケース多く、ガラスの破損によるケガや運転事故といった二次災害につながりやすい危険性をもっています。また繁殖期になると手段で群れる特性があるので、鳴き声による騒音が大きな問題となっています。ハトは巣を使い回す性質があり、一度巣を作られてしまうと繁殖期の度に戻ってきてしまいます。鳥の巣は発見次第、駆除対策したほうが良いでしょう。その他にもキジバトやアオバト、天然記念物に登録されているカラスバトなど様々な種類のハトがいます。鳩のよっては保護が義務付けられている種類もあるので、駆除対策の際は対象の鳩の種類をきちんと確認しましょう。