鳩は可愛くてもしっかり対策|暮らしの健康と安全ネット

作業員

害獣の対策法

男性

現在、害獣被害の深刻化が問題となっているのが鳩です。鳩の被害を最小限に留めるためにはどのような対策をする必要があるのでしょうか。
防鳥ネットを利用するのも手です。巣を作らせないためにも鳩の進路を防ぐことが大切です。ベランダや通路や鳩が巣を作りやすそうな場所にネットを貼ることによって巣を作らせない対策をとることが出来ます。防鳥ネットの種類も豊富で、鳥の種類に応じた大きさの商品を使用しましょう。他にも有刺鉄線などを鋭利な金属を張り巡らせることにより、鳩を近づけさせない環境を作ることも出来ます。しかし、有刺鉄線の設置には細心の注意を払わないと大怪我をしてしまう恐れがあります。その他にも動物が嫌がる臭いを利用した忌避剤を使用することにより、ネットやワイヤーなどを利用せず外観の景観も保ったまま対策をすることが可能です。市町村によってハトは鳥獣保護法により個人の判断で捕獲や直接的な駆除をすることが出来ません。直接鳩を捕獲駆除する場合は市町村で指定された許可と取る手続きをしなくてはいけません。一度巣を作られてしまうと、ハトはそこに何度でも戻ってきます。もしご自宅のベランダや屋上で巣を作ってしまい糞をされてしまうと、そこから伝染病に感染してしまう恐れもあるので、巣を発見した場合は更なる被害を防ぐためにも、巣の早急な駆除対策が必要でしょう。糞害や鳴き声などの騒音被害を最小限にするためにも様々な対策に対する情報を探しだす事も大切です。