鳩は可愛くてもしっかり対策|暮らしの健康と安全ネット

作業担当者

鳩の性質

女の人

日本では平和の象徴としてあいされている鳩ですが,糞尿の衛生的な問題などから害獣扱いされている一面があります。自治体によっては対策に乗り出している所もありますが繁殖性の高さから駆除は困難を極めています。

View Detail

害獣の対策法

男性

鳩の害獣問題は全国的な問題でもあり、防鳥ネットや有刺鉄線など対策グッズも数多く存在します。また鳩は予防は出来ても直接的な駆除をするには許可申請が必要になってしまいます。

View Detail

景観を守る

一軒家

平和の象徴ともされている鳩なので、市民の交流の場所や美術館・博物館など公共の場所には多く存在しています。見た目にも可愛いのでついつい餌をやってしまいますが、場所によっては鳩への餌やりを禁止しているところもあるのです。それはなぜかというと、この鳥のもたらす害のためです。動物のもたらす害には糞害と鳴き声、ひっかく・噛むなどの危険性があります。鳩は噛んだりひっかいたりする心配はありませんが、糞害と鳴き声の害が報告されています。犬や猫の動物は決まった場所に糞をする習性がありますが、鳥はところかまわず撒き散らします。しかも色も白と緑でベチャッとしており広がりやすく、糞がされた場所はとても目立ってしまうのです。もしお店の周囲に糞が多ければ印象が悪くなってしまうので、売上にも響いてしまいます。

なんとか対策するためには業者に頼むのが一番です。なぜなら鳩対策はとても難しいものであるため、専門家の力を借りなければとても駆除することはできないからです。対策が難しい理由として、この鳥は帰巣本能が高く、何度も同じ場所に巣を作ってしまうという習性が一つの原因となっています。もう一つは、駆除には法律が関わっているということが挙げられます。害獣や害鳥は、たとえ被害を及ぼしていたとしても勝手に捕殺することは許されていません。特に鳥は鳥インフルエンザといったウイルスの宿主となっている可能性も高いので、素人が処分してしまうと大きな問題に発展しかねません。しっかりと対策して安心に暮らすためにはプロの力を使いましょう。

面白い取り組みに注目

スプレー

鳩を撃退したいからといって無闇に捕獲してはいけません。しかし生ぬるいやり方だと再び住み着いてしまいます。その対策として業者では鷹を使っているところもあるので注目です。

View Detail